$USD
  • EUR€
  • £GBP
  • $USD
REVIEWS RoboticsDFRobotJapanese

micro:Maqueen Plus + Mechanic-Loader Introduction (Japanese)

DFRobot Jun 03 2020 703


 5-15-1.micro:Maqueen PlusとMechanic-Loader 

   micro:Maqueen Plus

DFROBOTmicro:Maqueen Plusは、独立した二つの駆動輪を持つSTEM教育用のグラフィカルプログラミングロボットです。別売りのmicro:bitを搭載することで、駆動輪などをプログラミングで制御することができます。詳しくは「付録3-27.micro:Maqueen Plus」で紹介しています。

 図5-15-1-1.micro:Maqueen Plus 

   Mechanic-Loader

本記事では、micro:Maqueen Plusのオプションとして用意されているMechanic-Loader(メカニックローダー)の取り付け手順を紹介します。Mechanic-Loaderは、micro:Maqueen Plusの基板に取り付けるショベル(バケット)で、サーボモーターによって上下させることができます。サーボモーターの動作は、プログラミングによって制御(回転角度を指定)することができます。

 図5-15-1-2.micro:Maqueen Plus + Mechanic-Loader 

 5-15-2.Mechanic-Loaderの取り付け 

Mechanic-Loaderの取り付けには、プラスドライバーが必要です。


   六角スペーサーの取り付け

micro:Maqueen Plusの基板上のネジ穴(2カ所)に六角スペーサーを取り付けます。ネジ穴(2カ所)は、図5-15-2-1の赤丸の部分です。

 図5-15-2-1.六角スペーサーの取り付け(取り付け位置)

 図5-15-2-2.六角スペーサーの取り付け 

   マウントプレートとサーボモーターの組み立て

マウントプレート・サーボモーター・M2.5×5mmのネジ(2本)を用意します。サーボモーターに付属しているネジは使用しません。

 図5-15-2-3.マウントプレートとサーボモーターの組み立て(準備)

サーボモーターの向き(出力軸の位置)に注意しながら、ネジ止め(2カ所)します。

 図5-15-2-4.マウントプレートとサーボモーターの組み立て 

   マウントプレートの取り付け

組み立てたマウントプレート・M3×5mmのネジ(2本)を用意します。

 図5-15-2-5.マウントプレートの取り付け(準備)

マウントプレートの向きに注意しながら、六角スペーサーにネジ止め(2カ所)します。

 図5-15-2-6.マウントプレートの取り付け 

   コネクターの接続

サーボモーターのコネクターを、micro:Maqueen Plusのサーボモーターインタフェース(S1)に接続します。3つのサーボモーターインタフェース(S1・S2・S3)が隣り合っているので、間違えないように注意します。また、コネクターの向きにも注意します。

 図5-15-2-7.コネクターの接続 

   サーボモーターの動作確認と角度設定

ショベル(バケット)を取り付ける前に、サーボモーターの動作確認と角度を90度に設定するためのプログラミングを行います。


MakeCode for micro:bitへアクセスします。新しいプロジェクトを作成して、プログラミングに必要な拡張機能を追加するために「拡張機能」をクリックします。

 図5-15-2-8.拡張機能を選ぶ 

「https://github.com/DFRobot/pxt-DFRobot-Maqueenplus」で検索して「MaqueenPlus」をクリックします。

 図5-15-2-9.拡張機能「MaqueenPlus」を追加する 

図5-15-2-10のようにプログラミングします。このプログラムは、micro:Maqueen Plusのサーボモーターインタフェース(S1)に接続されたサーボモーターの回転角度を0度・180度・90度に変化させるものです。プログラムが完成したら、micro:bitへ書き込みます。

 図5-15-2-10.プログラミング 

プログラムの書き込みが終わったら、充電池をバッテリーボックスにセットして、micro:Maqueen Plusの電源スイッチをオンにします。サーボモーターが動作することを確認します。サーボモーターは回転角度が90度の位置で停止します。電源スイッチをオフにして、この位置(90度)を維持したまま、以下の手順を実施します。


   丸形サーボホーンの取り付け

丸形サーボホーン・M2.5×5mmのネジ(1本)を用意します。サーボモーターに付属しているネジは使用しません。

 図5-15-2-11.丸形サーボホーンの取り付け(準備)

周辺にある4カ所のネジ穴のうち、中心を通る直線上にある2カ所がほぼ水平になるように丸形サーボホーンを押し込み、中央をネジ止めします。

 図5-15-2-12.丸形サーボホーンの取り付け 

   ショベル(バケット)の取り付け

ショベル(バケット)・M3×5mmのネジ(3本)を用意します。

 図5-15-2-13.ショベル(バケット)の取り付け(準備) 

ショベル(バケット)のアームが水平になるように、丸形サーボホーンにネジ止め(2カ所)します。

 図5-15-2-14.ショベル(バケット)の取り付け(左側)

反対側のアームは、マウントプレートにネジ止め(1カ所)します。

 図5-15-2-15.ショベル(バケット)の取り付け(右側)

完成です。micro:Maqueen Plusの電源スイッチをオンにして、ショベル(バケット)が上下することを確認します。

 図5-15-2-16.完成(1) 

 図5-15-2-17.完成(2)

 図5-15-2-18.完成(3)


This article is copied from https://sanuki-tech.net/

REVIEW